2017年 1月

  1. 分子栄養学

    がんに対する栄養学的アプローチを学ぶ  避けれるものは避け、防御を増やす。

    がんに対する分子栄養学的アプローチに何があるか、 ジャックチャレム氏の本を読んでみました。   「通常、年をとるほど癌のリスクが高くなる。  原因として、DNA…

  2. 分子栄養学

    鉄の勉強会に行ってきました。 「何でもやりすぎは良くない!」

    自分自身も副腎疲労に対して処方されている鉄サプリ。 いままで、出席したセミナーでは、 「鉄不足があると、さまざまな症状が出る、 そうならないように、鉄サプリを飲…

  3. 雑感

    金沢動物園に行ってきました。

    突然の思いつきで、横浜市金沢区にある、金沢動物園に行ってきました。敷地はとても広く、 敷地内に梅が咲いておりました。とてもいい香りがしました。&nb…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労メール講座

    ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている状態が、副腎疲労とよばれる状態です。  単に副腎ホルモンのよる症状…

  5. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の腸の調子がよければ、その日の体調がいい、ということもわかっているので、お腹大事!と納得でき…

  6. 分子栄養学

    COPDに対する分子栄養学的アプローチ ブロッコリがいいかも

     気管支喘息と違って、長年の喫煙により進行するCOPDは、絶えず症状(息切れ、咳、食欲低下など)が、いつも溺れているようなつらい症状を感じている、つらい病気です…

PAGE TOP