分子栄養学

副腎疲労メール講座

ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている状態が、
副腎疲労とよばれる状態です。
 
 
単に副腎ホルモンのよる症状
 朝はやくおきられない
のようなもののみならず、
 
 
 
脳の症状
 切れやすい
 うつ症状
 
 
全身の症状
 疲れやすい
 風邪をひきやすい
 下痢しやすい
 
 
を伴い、全身のいろいろな症状を引き起こすのです。
 
 
症状把握や、その根底に流れている根本原因などは複雑ですが、
 
 
宮澤賢史 先生の以下の
 
 
副腎疲労メール講座
 
 
は、全体像を無料でつかむためには、非常にいいレポートだと思いました。
 
ぜひぜひ。
 
 
今日の様子
 
 体調:7/10 こどもの寝相が悪くて、何度も起こされる。
 筋トレ:土日は休み
 
 

関連記事

  1. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(4) 遅延型フードアレルギーは腸内環境を把握する!

    高野英恵さんのセミナーの続きです。 初心者にもわかりやすく解説…

  2. 分子栄養学

    女性のイライラがスッキリ消える食事 食事が大事!

    チーフ栄養カウンセラー 定真理子先生の書かれた著書 女性は生理などあっ…

  3. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(6) 水銀は怖いでござる。毛髪検査

    倦怠感や、疲労感など、根っこに有機水銀が隠れていることがあります。…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について(2)対症療法ではだめ!

    メモ:   目的: 副腎疲労について学ぶ(2)  方法: 宮澤賢史…

  5. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(7)炎症をおさめよ!

    副腎疲労、なかなか奥が深いです。今日も続けたいと思います。宮澤…

  6. 分子栄養学

    ケイ素

    7月9日から、ケイ素を試している。 それは偶然の出会いだった。…

PAGE TOP