ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている状態が、
副腎疲労とよばれる状態です。
 
 
単に副腎ホルモンのよる症状
 朝はやくおきられない
のようなもののみならず、
 
 
 
脳の症状
 切れやすい
 うつ症状
 
 
全身の症状
 疲れやすい
 風邪をひきやすい
 下痢しやすい
 
 
を伴い、全身のいろいろな症状を引き起こすのです。
 
 
症状把握や、その根底に流れている根本原因などは複雑ですが、
 
 
宮澤賢史 先生の以下の
 
 
 
 
は、全体像を無料でつかむためには、非常にいいレポートだと思いました。
 
ぜひぜひ。
 
 
今日の様子
 
 体調:7/10 こどもの寝相が悪くて、何度も起こされる。
 筋トレ:土日は休み