分子栄養学

血液検査・毛髪ミネラル検査徹底解析セミナー(1) 分子整合栄養医学は、細胞の働きを良くする医学

 

分子栄養学的な血液検査を勉強するために、
 
こちら
 
を視聴(途中)。
 
分子栄養学的な血液検査は、
 人によって異なる必要な栄養素の種類と量を見極めるための指標
 
ただし、
 ・一般的に認められていない
 ・大規模なエビデンスにものづくものでははい。
 ・生化学的な理論、経験から推察されるものである。
 
1つの細胞は人間全体をあらわしている。
1つの細胞にフォーカスすることで、全身状態が推測できる。
 
分子整合栄養学の考え方
 
細胞にフォーカスした医学
→細胞の働きは分子構造に依存
→分子の動きは栄養に依存
→最適量の栄養素によって細胞を構成する分子構造を変化させ、それにより医学的効果を発現する
 
 
ということで、
 
以前より、分子整合栄養医学をどのように人に端的に説明したらよいか、自分なりにまとまっていなかったのですが、
 
講義にあったように、
 
「細胞にフォーカスした医学」であり
その働きを良くするための方法論
 
と考えると、いろいろと人に説明しやすくなりそうです。
 
 
本日の様子
 昨日飲みすぎで、腸の調子が。。。
 筋トレ 腕立て36回、腹筋45回
 

関連記事

  1. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(8)自分でできること

    高野英恵さんセミナーは、このあと、 ・有機酸検査・遺伝子検…

  2. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(7) サプリメントあるある

    ここでは、おち入りやすい、栄養療法の、誤解を、紹介しています。 …

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(6)水銀はこわい

    副腎疲労、奥が深いです。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史…

  4. 分子栄養学

    小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

    小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成…

  5. 分子栄養学

    臨床分子栄養実践講座に参加

    宮澤賢史 先生主催の臨床分子栄養実践講座に初の会場参加…

  6. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

PAGE TOP