分子栄養学

テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。
 
千葉西総合病院泌尿器科 久末伸一 先生の講義
 
テストステロンが高い人は、うそをつきにくい。
加齢によりテストステロンが低下する。
 
結婚・出産を経ると、テストステロンが低下する。
その結果、あまり外に出なくなるし、メタボ体質になる。
 
右手の人差し指と薬指の長さの比は、胎児期にあびたテストステロンの量に比例する。
 
テストステロンゲルというものがある。
テストステロンの補充は、不安、下部尿路症状、睡眠関連症状を改善する。
 
テストステロンは長寿ホルモン。
 
運動、トレーニング、筋トレ、睡眠であがる。
 
亜鉛の摂取がテストステロン維持に重要
 
 
感想:
テストステロンが高いと、前にお話した、低メチレーションの性格と似てくる。
 
自分も、テストステロンを高めるべく、睡眠、筋トレをがんばろう!
 

 

関連記事

  1. 分子栄養学

    ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

    メモミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。・エ…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(5) カンジタは怖いの巻

    目的:副腎疲労について学ぶ(5) 方法:宮澤賢史先生の…

  3. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の…

  4. 分子栄養学

    胃のむかつき ≠ 胃酸分泌抑制薬の処方

    外来患者さんで、よく胃が重たい、胃がむかつく、という方がいらっしゃ…

  5. 分子栄養学

    COPDに対する分子栄養学的アプローチ ブロッコリがいいかも

     気管支喘息と違って、長年の喫煙により進行するCOPDは、絶えず症状(…

  6. 分子栄養学

    副腎疲労(3)食事の注意

    目的: 副腎疲労について学ぶ(3)  方法: 宮澤賢史先生のセミナ…

PAGE TOP