小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成っている。

小胞体ストレスとは、高次構造におりたたまれなかったタンパク質が小胞体に蓄積して、細胞機能障害をおこすこと。ある一定以上を超えるとアポトーシスが誘導され、神経変性疾患などの原因となりうる。

小胞体ストレスを避けるために、

・(特に)動物性タンパク質の過剰摂取を制限

・ミトコンドリアの機能を上げる(運動)

・HSP(ヒートショックプロテイン)を刺激(朝日、息どめ、寒中水泳)

・寝る前にω3やナイアシンを摂取する。

ことが大切