分子栄養学

小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成っている。

小胞体ストレスとは、高次構造におりたたまれなかったタンパク質が小胞体に蓄積して、細胞機能障害をおこすこと。ある一定以上を超えるとアポトーシスが誘導され、神経変性疾患などの原因となりうる。

小胞体ストレスを避けるために、

・(特に)動物性タンパク質の過剰摂取を制限

・ミトコンドリアの機能を上げる(運動)

・HSP(ヒートショックプロテイン)を刺激(朝日、息どめ、寒中水泳)

・寝る前にω3やナイアシンを摂取する。

ことが大切

関連記事

  1. 分子栄養学

    テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

    男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。 …

  2. 分子栄養学

    アトピー性皮膚炎の分子栄養学的アプローチについて ~炎症と免疫をコントロール~

    メモ:  勉強の目的 今後、気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチを…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について(2)対症療法ではだめ!

    メモ:   目的: 副腎疲労について学ぶ(2)  方法: 宮澤賢史…

  4. 分子栄養学

    ミトコンドリア機能向上対策3

    ・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)…

  5. 分子栄養学

    COPDに対する分子栄養学的アプローチ ブロッコリがいいかも

     気管支喘息と違って、長年の喫煙により進行するCOPDは、絶えず症状(…

  6. 分子栄養学

    臨床分子栄養実践講座に参加

    宮澤賢史 先生主催の臨床分子栄養実践講座に初の会場参加…

PAGE TOP