分子栄養学

小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成っている。

小胞体ストレスとは、高次構造におりたたまれなかったタンパク質が小胞体に蓄積して、細胞機能障害をおこすこと。ある一定以上を超えるとアポトーシスが誘導され、神経変性疾患などの原因となりうる。

小胞体ストレスを避けるために、

・(特に)動物性タンパク質の過剰摂取を制限

・ミトコンドリアの機能を上げる(運動)

・HSP(ヒートショックプロテイン)を刺激(朝日、息どめ、寒中水泳)

・寝る前にω3やナイアシンを摂取する。

ことが大切

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労メール講座

    ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労が治らない原因

    多くの人がやっていないこと1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考…

  3. 分子栄養学

    がんに対する栄養学的アプローチを学ぶ  避けれるものは避け、防御を増やす。

    がんに対する分子栄養学的アプローチに何があるか、 ジャックチャレム氏の…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(6)水銀はこわい

    副腎疲労、奥が深いです。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史…

  5. 分子栄養学

    臨床分子栄養実践講座に参加

    宮澤賢史 先生主催の臨床分子栄養実践講座に初の会場参加…

  6. 分子栄養学

    ミトコンドリア機能向上対策3

    ・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)…

PAGE TOP