分子栄養学

ミトコンドリア機能向上対策3

・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)

・腸内環境の改善

・運動、筋トレによるミトコンドリアの増加

・ミトコンドリアの必要とする栄養の摂取

 (カルニチン(脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割)、ケイ素、ナイアシン、マグネシウム、鉄、ビタミンB、CoQ10)

関連記事

  1. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(6)水銀はこわい

    副腎疲労、奥が深いです。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(7)炎症をおさめよ!

    副腎疲労、なかなか奥が深いです。今日も続けたいと思います。宮澤…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(5) カンジタは怖いの巻

    目的:副腎疲労について学ぶ(5) 方法:宮澤賢史先生の…

  5. 分子栄養学

    アトピー性皮膚炎の分子栄養学的アプローチについて ~炎症と免疫をコントロール~

    メモ:  勉強の目的 今後、気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチを…

  6. 分子栄養学

    高野英恵さんの初心者でもわかる最新の分子整合栄養医学全貌セミナーを受講(2) 血液検査!!

    引き続き、高野英恵さんの初心者向けのセミナー わかりやすいと評…

PAGE TOP