分子栄養学

ミトコンドリア機能向上対策3

・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)

・腸内環境の改善

・運動、筋トレによるミトコンドリアの増加

・ミトコンドリアの必要とする栄養の摂取

 (カルニチン(脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割)、ケイ素、ナイアシン、マグネシウム、鉄、ビタミンB、CoQ10)

関連記事

  1. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の…

  2. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(2)栄養療法医に転医

    前回からの続き。「うつ病」と診断されて、各種SSRIを処方されるも…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(9) 治療の順番が大事!!

    副腎疲労、脱出方法2が終わり、最後の脱出方法3にきました。 今日も続け…

  4. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

  5. 分子栄養学

    副腎疲労について(1) 症状をわけて考える

    メモ:  目的: 副腎疲労について学ぶ 理由: 自分自身が約3年前…

  6. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(6) 水銀は怖いでござる。毛髪検査

    倦怠感や、疲労感など、根っこに有機水銀が隠れていることがあります。…

PAGE TOP