分子栄養学

副腎疲労が治らない原因

多くの人がやっていないこと

1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考える。

2.根本原因をとらえ、アプローチすること

 ①栄養が悪い

 (1)食事が悪い

  ・副腎疲労の疲弊期は糖質制限をしない

  ・GF、CF

  ・加工食品を控える(良性腸内細菌を殺してしまう)

  ・糖質制限をする時期もある(回復期、カンジダ除菌時)

 (2)サプリメントのセレクトが悪い

  マグネシウム、亜鉛、ビタミンCなど

 ②腸内環境が悪い

 ③重金属

 ④隠れた感染症(カンジダ、マイコプラズマ)

 ⑤隠れた炎症(歯、喉、腸、肝臓)

 ⑥脳 副腎とのネットワーク

(3)治療の順番に留意すること

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(8)脳のケアを!

    副腎疲労、そろそろ終盤を迎えてきました。今日も続けたいと思います。…

  2. 分子栄養学

    COPDに対する分子栄養学的アプローチ ブロッコリがいいかも

     気管支喘息と違って、長年の喫煙により進行するCOPDは、絶えず症状(…

  3. 分子栄養学

    高野英恵さんの初心者でもわかる最新の分子整合栄養医学全貌セミナーを受講(2) 血液検査!!

    引き続き、高野英恵さんの初心者向けのセミナー わかりやすいと評…

  4. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の…

  5. 分子栄養学

    気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチ(調2)

    メモ:   栄養学に精通しているジャックチャレム氏の本による、気管支喘…

PAGE TOP