分子栄養学

副腎疲労が治らない原因

多くの人がやっていないこと

1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考える。

2.根本原因をとらえ、アプローチすること

 ①栄養が悪い

 (1)食事が悪い

  ・副腎疲労の疲弊期は糖質制限をしない

  ・GF、CF

  ・加工食品を控える(良性腸内細菌を殺してしまう)

  ・糖質制限をする時期もある(回復期、カンジダ除菌時)

 (2)サプリメントのセレクトが悪い

  マグネシウム、亜鉛、ビタミンCなど

 ②腸内環境が悪い

 ③重金属

 ④隠れた感染症(カンジダ、マイコプラズマ)

 ⑤隠れた炎症(歯、喉、腸、肝臓)

 ⑥脳 副腎とのネットワーク

(3)治療の順番に留意すること

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(6)水銀はこわい

    副腎疲労、奥が深いです。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史…

  2. 分子栄養学

    主治医の話しを聞いて 栄養療法医

    自分の主治医は、いわゆる栄養療法医です。今日は受診日であったので、…

  3. 分子栄養学

    臨床分子栄養実践講座に参加

    宮澤賢史 先生主催の臨床分子栄養実践講座に初の会場参加…

  4. 分子栄養学

    ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

    メモミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。・エ…

  5. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(4)腸の調子を整えるがよし

    目的: 副腎疲労について学ぶ(4)   方法: 宮澤賢史先生の…

  6. 分子栄養学

    副腎疲労について(1) 症状をわけて考える

    メモ:  目的: 副腎疲労について学ぶ 理由: 自分自身が約3年前…

PAGE TOP