分子栄養学

副腎疲労について学ぶ(9) 治療の順番が大事!!

副腎疲労、脱出方法2が終わり、最後の脱出方法3にきました。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史先生のセミナーのまとめ 「副腎疲労脱出セミナー」2015年9月13日

https://orthomolecular.teachable.com/courses/enrolled/escapefromafs     

前回からの続き 副腎疲労からの脱出方法は主に3つあります。

 

副腎疲労からの脱出方法1:副腎症状と脳症状、全身症状に分けて考える事

副腎疲労からの脱出方法2:副腎疲労が持続している根本原因を捉え、そこにアプローチする事(特に日本人特有の原因にも注意)

・副腎疲労の6つの根本原因

1栄養状態が悪い(食事が悪い、サプリのセレクトが悪い)ーーーー>済

2腸内環境が悪い(腸内細菌が悪い、日本人の体質、ピロリ菌感染)ーーーー>済

3重金属の蓄積(水銀、鉛、カドミウム、ミネラルバランスに影響)ーーーー>済

4隠れた感染症(カンジタ、マイコプラズマ)ーーー→済

5隠れた炎症の持続(歯、のど、腸、肝臓)ーーー→済

6脳(体を統合する司令塔、副腎とネットワーク)ーーー→済

 

副腎疲労からの脱出方法3:治療の順番に留意すること(副作用を防ぎ、治療を有効に進める) 治療の順番でこころがけること

①カンジタ除菌やデトックス(解毒)は体に負担がかかる治療のため、準備が必要

②デトックスの2大副作用は、重金属の再分布とミネラルの消耗(脱力) →ミネラルを十分入れておく、腸内環境改善してから重金属解毒をする

③カンジタ除菌の2大副作用は、薬とダイオフ →使う薬は、非吸収性のものを使う(ナイスタチンがいい) →除菌前にできる限りカンジタとその産生物を排除しておく

1.食物繊維食を1週間

2.肝臓のケア(カンジタによるアセトアルデヒドの代謝) →ミネラル補給と腸内環境改善してからカンジタ除菌する 宮澤医院 治療計画書より

Step1 腸内環境の改善(およそ1~2ヶ月)

1.食事療法

2.サプリメント 乳酸菌や腸の炎症をおさえるもの

3.ミネラルの補給 <その他の治療> 副腎サポート 副腎抽出物、ハーブ、ビタミンC、ミネラル 上咽頭の炎症改善 ミサトールの使用、マグネシウムうがい、Bスポット治療 確認事項!!(下記の項目を満たしたらStep2へ)

・薬を可能な限り中止できている。 ・バナナ状、褐色、無臭の便が1日2回出る。

・腹痛、腹部のガス貯留など腹部症状がない

・乳製品、加工食品、砂糖、アルコール、大型魚の摂取制限ができている。

・炎症、感染およびストレスの状態が改善されている。

Step2 カンジタ除菌(およそ2ヶ月)

1.カンジタ除菌用の食事療法

2.腸内環境維持

3.サプリメント(ハーブ)、ナイスタチンなど

4.バイオフィルム対策

5.免疫力アップ(ビタミンDなど) 確認事項!!(下記の項目を満たしたら治療完了)

・症状表の点数が改善している

・カンジタ感染の症状(うつ、疲労、低血糖など)が改善されている。

・砂糖、カフェインから離脱している。 疲労、記憶力障害、集中力低下が継続する場合はデトックス治療を検討

Step3 有害重金属のデトックス(およそ2ヶ月半) まず、以下を確認 ・口腔内アマルガムが完全に除去されている ・大型魚の摂取制限

1.デトックス 薬とサプリメントを使用

2.ミネラルの補充 症状改善しない、毛髪検査で重金属の蓄積がみられる場合、点滴でのデトックス検討

感想: 副腎疲労について学ぶシリーズ、いよいよ最後になりました。 いやしかし奥が深いです。分子栄養学といっても、足りないものをサプリメントで補うだけではだめだ、というメッセージが聞こえてきます・・・

 

今日の調子 6/10 咳がでる。。 筋トレ 休み

関連記事

  1. 分子栄養学

    テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

    男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。 …

  2. 分子栄養学

    副腎疲労メール講座

    ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(4)腸の調子を整えるがよし

    目的: 副腎疲労について学ぶ(4)   方法: 宮澤賢史先生の…

  4. 分子栄養学

    主治医の話しを聞いて 栄養療法医

    自分の主治医は、いわゆる栄養療法医です。今日は受診日であったので、…

  5. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(4) 遅延型フードアレルギーは腸内環境を把握する!

    高野英恵さんのセミナーの続きです。 初心者にもわかりやすく解説…

  6. 一般内科

    ブログ開始、興味についてメモ

    メモ:  (1)ブログ開始 2017/1/12-  (2)興味①最近は…

PAGE TOP