分子栄養学

副腎疲労メール講座

ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている状態が、
副腎疲労とよばれる状態です。
 
 
単に副腎ホルモンのよる症状
 朝はやくおきられない
のようなもののみならず、
 
 
 
脳の症状
 切れやすい
 うつ症状
 
 
全身の症状
 疲れやすい
 風邪をひきやすい
 下痢しやすい
 
 
を伴い、全身のいろいろな症状を引き起こすのです。
 
 
症状把握や、その根底に流れている根本原因などは複雑ですが、
 
 
宮澤賢史 先生の以下の
 
 
副腎疲労メール講座
 
 
は、全体像を無料でつかむためには、非常にいいレポートだと思いました。
 
ぜひぜひ。
 
 
今日の様子
 
 体調:7/10 こどもの寝相が悪くて、何度も起こされる。
 筋トレ:土日は休み
 
 

関連記事

  1. 分子栄養学

    ケイ素

    7月9日から、ケイ素を試している。 それは偶然の出会いだった。…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(8)脳のケアを!

    副腎疲労、そろそろ終盤を迎えてきました。今日も続けたいと思います。…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労(3)食事の注意

    目的: 副腎疲労について学ぶ(3)  方法: 宮澤賢史先生のセミナ…

  4. 分子栄養学

    ミトコンドリア機能向上対策3

    ・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)…

  5. 分子栄養学

    胃のむかつき ≠ 胃酸分泌抑制薬の処方

    外来患者さんで、よく胃が重たい、胃がむかつく、という方がいらっしゃ…

  6. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(9) 治療の順番が大事!!

    副腎疲労、脱出方法2が終わり、最後の脱出方法3にきました。 今日も続け…

PAGE TOP