分子栄養学

高野英恵さんセミナー(5)便総合検査

なにかしらお腹に原因を抱えている人に。
便総合検査をします。
 
 
どんな人が検査するの?
 
・食事やサプリから栄養を補給しているのに慢性症状が改善しない人
・便の調子が良くない人(下痢、便秘)
・腸内フローラの状況を検査したい人
・消化管での消化吸収や炎症、免疫、寄生虫や感染の状況を確認したい人
・カンジタ感染を疑う人
 
消化管障害、アレルギー、自己免疫疾患、皮膚のトラブル、慢性疲労、
精神疾患はすべて腸内環境が関与している場合が多い
 
感想:
 自分も出してみました。どんな結果がかえってくるでしょうか。
 

関連記事

  1. 分子栄養学

    高野英恵さんの初心者でもわかる最新の分子整合栄養医学全貌セミナーを受講(2) 血液検査!!

    引き続き、高野英恵さんの初心者向けのセミナー わかりやすいと評…

  2. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(8)自分でできること

    高野英恵さんセミナーは、このあと、 ・有機酸検査・遺伝子検…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(4)腸の調子を整えるがよし

    目的: 副腎疲労について学ぶ(4)   方法: 宮澤賢史先生の…

  4. 一般内科

    ブログ開始、興味についてメモ

    メモ:  (1)ブログ開始 2017/1/12-  (2)興味①最近は…

  5. 分子栄養学

    女性のイライラがスッキリ消える食事 食事が大事!

    チーフ栄養カウンセラー 定真理子先生の書かれた著書 女性は生理などあっ…

  6. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(2)栄養療法医に転医

    前回からの続き。「うつ病」と診断されて、各種SSRIを処方されるも…

PAGE TOP