分子栄養学

高野英恵さんセミナー(6) 水銀は怖いでござる。毛髪検査

倦怠感や、疲労感など、根っこに有機水銀が隠れていることがあります。

有機水銀が、あると、体の中のミネラルがうまく働かなくなり、エネルギーが産生できなくなります。

それらを調べるのに、毛髪・尿検査があります。

・どんな人が検査するのか?
有害金属が蓄積していると思しき人
それにより症状や兆候が出ている人
頭痛、不眠症、アトピー、胃腸障害、関節炎、慢性疲労、エネルギー不足、ホルモンバランス異常、不妊症、うつ、パニック障害、
自閉症、攻撃的行為、頭のモヤモヤ、制欲減退、食欲不振

などに関わっております。

怖い、有機金属はどこからくるのでしょうか。
いろんなとこほがありますが、
・大型魚の摂取
・ワクチン
・歯科アマルガム

などが大きいです。

被害が大きいのは、なんといっても水銀です。
マグロ、カツオ、赤チン、蛍光灯、電池、歯科アマルガムなどです。

無機水銀は、腸内細菌によりメチル水銀に変形し、カンジタを抑制する作用を阻害します。
血液を回って全身にまわり、脳、腎臓、肝臓などに蓄積して、疾患を引き起こします。

何が、怖いかって、例えば、
ヘモグロビンの結合部位に水銀がくっついて、酸素運搬ができなくなる…

酵素の構造を変質させたり、ミネラルを追い出す!

エネルギー産生に必要なTCAサイクルを阻害してしまう、などです。

毛髪ミネラル検査は、有機金属の排泄量や、ミネラルのバランスなどが分かります。

とっても重要な検査ですね。

関連記事

  1. 分子栄養学

    主治医の話しを聞いて 栄養療法医

    自分の主治医は、いわゆる栄養療法医です。今日は受診日であったので、…

  2. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

  3. 分子栄養学

    ケイ素

    7月9日から、ケイ素を試している。 それは偶然の出会いだった。…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(8)脳のケアを!

    副腎疲労、そろそろ終盤を迎えてきました。今日も続けたいと思います。…

  5. 分子栄養学

    ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

    メモミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。・エ…

  6. 分子栄養学

    小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

    小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成…

PAGE TOP