分子栄養学

高野英恵さんセミナー(8)自分でできること

高野英恵さんセミナーは、このあと、
 
・有機酸検査
・遺伝子検査
・メチレーション検査
 
と、続きますが、これらは解釈が難しい!
 
有機酸検査などは、腸内のカンジタがいたりすることがわかったり、神経伝達物質がわかったりするので、とにかく得られる情報が多くて有益ですが、そのぶん解釈が難しいです。
 
有機酸検査は、ウィリアム・ショー博士の、これ、が良いのでは、とおもいます。
 
書籍も出されていて、
 
こちら、もいいですね。
 
 

 
感想
 一般臨床も、分子栄養学も、問診から始まるのは変わりなく、検査は補助的なものであることには変わりありません。
 
検査など受けずにも自分でできることとしては、
・便日記
・食事日記
・瞑想
・ヨガ
・サウナ
・運動
・銀歯がアマルガムかどうか調べてもらう
 
などはできそうです。
 
では。

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労について(2)対症療法ではだめ!

    メモ:   目的: 副腎疲労について学ぶ(2)  方法: 宮澤賢史…

  2. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の…

  3. 分子栄養学

    ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

    メモミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。・エ…

  4. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(6) 水銀は怖いでござる。毛髪検査

    倦怠感や、疲労感など、根っこに有機水銀が隠れていることがあります。…

  5. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(7) サプリメントあるある

    ここでは、おち入りやすい、栄養療法の、誤解を、紹介しています。 …

  6. 分子栄養学

    テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

    男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。 …

PAGE TOP