分子栄養学

胃のむかつき ≠ 胃酸分泌抑制薬の処方

外来患者さんで、よく胃が重たい、胃がむかつく、
という方がいらっしゃいます。
 
ご自身で、制酸剤を出して欲しいと仰るかたもいます。
 
今まで、あまりこのことについて考えていなかったです。
 
消化液は、消火腺から分泌され、消化を助ける液です。
 
消化酵素を含む、唾液、胃液、膵液、腸液
消化酵素を含まない、胆汁
 
などがあります。
 
このうち、胃液は、タンパク質分解酵素を含んでいて、
 
ペプシノーゲン→ペプシン→タンパク質分解→ペプチド
 
に分解します。
 
日本人は、本来ペプシノーゲンが少なく、
本来、胃酸の働きが弱いのに、
 
PPIなどの制酸剤を出すこともありました。
 
これでは、体に必要な蛋白やそれから作られる酵素ができないわけです。
 
分子栄養では、特に酵素活性が問題になるので、この消化吸収という作業は
とても重要だと考えました。
 
本日の様子
 眠気あり
 筋トレ:腕立て36回、腹筋45回

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労が治らない原因

    多くの人がやっていないこと1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考…

  2. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(4)SSRIが効かなかったわけ

    うつ病と診断され、数年間はSSRI、SNRIを手をかえ…

  3. 分子栄養学

    ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

    メモミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。・エ…

  4. 分子栄養学

    高野英恵さんの初心者でもわかる最新の分子整合栄養医学全貌セミナーを受講(2) 血液検査!!

    引き続き、高野英恵さんの初心者向けのセミナー わかりやすいと評…

  5. 分子栄養学

    アトピー性皮膚炎の分子栄養学的アプローチについて ~炎症と免疫をコントロール~

    メモ:  勉強の目的 今後、気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチを…

  6. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

PAGE TOP