分子栄養学

ケイ素

7月9日から、ケイ素を試している。
 
それは偶然の出会いだった。最初はまた新しいサプリの宣伝かよと。
 
でも、サンプルを頂いたので、近くにあったお茶にでも混ぜてみるか。
 
水溶性ケイ素を数滴、お茶に入れた。
 
「え、味がまろやかになった。。。」
 
まじですか、お茶の苦味が消えて、飲みやすくなった。
 
それまでは、ケイ素なんて、無味無臭で効くのかどうかも定かではない代物、という風にしか
 
考えていなかったが、これは考えを改めなくてはならないだろう。
 
それから、ケイ素を日常飲むお茶や、お酒に入れている。
 
入れるときには、そーっと。入れてる場面をみられると、うさんくさく思われるからだ。
 
ケイ素についての効果などは、こちらのページに詳細にかかれている。
 
http://www.xn--u9jwfoby39v7o7b.com/
 
とてつもなく、色々な力があるようだ。
 
でも、中心となるのは、抗酸化、細胞の原料になるとのこと。
 
 
さて、連日飲んでみた。
 
すると、徐々に体調が悪くなってきた。
 
1週間もすると、体が動かなくなってきた。体を動かすと、ものすごいふらつきが生じる
 
のだ。
 
そして、便通もおかしくなってきた。
 
こっこれは、辞めたほうがいいかも。
 
と思ったのだが、なぜ、便通がおかしくなり、ふらつきが生じるのかを考えてみた。
 
同じ感触と思ったのが、以前、腸カンジダをたたこうと思って、ハーブを使った時に
 
感じた感触と似ている。
 
つまり、カンジダが死滅するときに、カンジダの中にある有害物質が放出される時に生じる
 
有害反応、ダイオフだ。
 
ということは、ケイ素がカンジダに作用した可能性があるかな、と思った。
 
もちろん、そんな論文はないのでしょうが、自分の人体実験の感じだと、ダイオフが来た
 
気がする。
 
ってことは、ケイ素を継続していると、徐々にふらつきが良くなるかも、と思った。
 
頑張って続けていると、腸と脳が連結してきた。この感触は、普段、腸と脳が分離
 
しているのを感じていないと分からないかもしれないが、いい徴候だ。
 
そして、便通がちょっと良くなった。
 
個人的な感想ですが、私にとって、ケイ素はカンジダに関わり、腸内環境改善に寄与した
 
可能性がありました。(個人の感想です)
 
検査をしていないので裏付けはできませんが。。

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労(3)食事の注意

    目的: 副腎疲労について学ぶ(3)  方法: 宮澤賢史先生のセミナ…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について(1) 症状をわけて考える

    メモ:  目的: 副腎疲労について学ぶ 理由: 自分自身が約3年前…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労メール講座

    ストレスに対応する臓器である、副腎が、疲れて対処できなくなっている…

  4. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

  5. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  6. 分子栄養学

    テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

    男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。 …

PAGE TOP