分子栄養学

ミトコンドリアのマイトファジー(ミトコンドリア機能向上1)

メモ

ミトコンドリアは生命に必要なエネルギーを供給している。

・エネルギー産生

①解糖系(細胞基質内) 2ATP

②クエン酸回路(ミトコンドリア内)(TCAサイクル、クレブス回路)

 NADHを電子伝達系にわたす。

③電子伝達系(ミトコンドリア内) 36ATP

ミトコンドリアは活性酸素にさらされており、経時的な機能低下がおきてくる。

損傷をうけると、活性酸素やチトクロムCなどを産生し、アポトーシスを誘導し、細胞にとってリスクとなる。それを回避するために、マイトファジーという機能がある。

マイトファジーは、オートファジーを介した、ミトコンドリア選択的分解機構であり、ミトコンドリア機能障害が関与する疾患から生体を防御している。

オートファジーは断食によってスイッチが入る。

よって、断食によりミトコンドリア機能向上が見込まれる。

 

関連記事

  1. 分子栄養学

    鉄の勉強会に行ってきました。 「何でもやりすぎは良くない!」

    自分自身も副腎疲労に対して処方されている鉄サプリ。 いままで、出席した…

  2. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(7)炎症をおさめよ!

    副腎疲労、なかなか奥が深いです。今日も続けたいと思います。宮澤…

  4. 分子栄養学

    女性のイライラがスッキリ消える食事 食事が大事!

    チーフ栄養カウンセラー 定真理子先生の書かれた著書 女性は生理などあっ…

  5. 分子栄養学

    テストステロンの講義を聴いて 高テストステロンと低メチレーションの関係

    男性更年期で問題になる、テストステロンの低下についての勉強。 …

  6. 分子栄養学

    気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチ(調2)

    メモ:   栄養学に精通しているジャックチャレム氏の本による、気管支喘…

PAGE TOP