分子栄養学

小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成っている。

小胞体ストレスとは、高次構造におりたたまれなかったタンパク質が小胞体に蓄積して、細胞機能障害をおこすこと。ある一定以上を超えるとアポトーシスが誘導され、神経変性疾患などの原因となりうる。

小胞体ストレスを避けるために、

・(特に)動物性タンパク質の過剰摂取を制限

・ミトコンドリアの機能を上げる(運動)

・HSP(ヒートショックプロテイン)を刺激(朝日、息どめ、寒中水泳)

・寝る前にω3やナイアシンを摂取する。

ことが大切

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労が治らない原因

    多くの人がやっていないこと1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(9) 治療の順番が大事!!

    副腎疲労、脱出方法2が終わり、最後の脱出方法3にきました。 今日も続け…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について(1) 症状をわけて考える

    メモ:  目的: 副腎疲労について学ぶ 理由: 自分自身が約3年前…

  4. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  5. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(7)炎症をおさめよ!

    副腎疲労、なかなか奥が深いです。今日も続けたいと思います。宮澤…

  6. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(2)栄養療法医に転医

    前回からの続き。「うつ病」と診断されて、各種SSRIを処方されるも…

PAGE TOP