分子栄養学

ミトコンドリア機能向上対策3

・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)

・腸内環境の改善

・運動、筋トレによるミトコンドリアの増加

・ミトコンドリアの必要とする栄養の摂取

 (カルニチン(脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割)、ケイ素、ナイアシン、マグネシウム、鉄、ビタミンB、CoQ10)

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(6)水銀はこわい

    副腎疲労、奥が深いです。 今日も続けたいと思います。 宮澤賢史…

  2. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(3)カンジダについて

    前回まで、血液検査は、健康診断とかでやられていることがあるので、それを…

  3. 分子栄養学

    気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチ(調) プロバイオティクス、オメガ3、マグネシウム

    勉強目的: 気管支喘息の分子栄養学的アプローチを学ぶ  方法:文献検索…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について(1) 症状をわけて考える

    メモ:  目的: 副腎疲労について学ぶ 理由: 自分自身が約3年前…

  5. 分子栄養学

    アトピー性皮膚炎の分子栄養学的アプローチについて ~炎症と免疫をコントロール~

    メモ:  勉強の目的 今後、気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチを…

  6. 分子栄養学

    便秘への対処 腸の環境をととのえる!

    腸の環境が重要なのは、いろいろとわかってきました。自覚としても、自分の…

PAGE TOP