分子栄養学

ミトコンドリア機能向上対策3

・抗酸化(水素、ケイ素、SODに働くミネラル、グルタチオンの活性)

・腸内環境の改善

・運動、筋トレによるミトコンドリアの増加

・ミトコンドリアの必要とする栄養の摂取

 (カルニチン(脂肪酸をミトコンドリア内に運ぶ役割)、ケイ素、ナイアシン、マグネシウム、鉄、ビタミンB、CoQ10)

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(8)脳のケアを!

    副腎疲労、そろそろ終盤を迎えてきました。今日も続けたいと思います。…

  2. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労について(2)対症療法ではだめ!

    メモ:   目的: 副腎疲労について学ぶ(2)  方法: 宮澤賢史…

  4. 分子栄養学

    高野英恵さんの初心者でもわかる最新の分子整合栄養医学全貌セミナーを受講(1) 心がまえが大事

    分子栄養学の世界は広すぎて、総合的視野がわかりにくくなりそうなので、…

  5. 分子栄養学

    がんに対する栄養学的アプローチを学ぶ  避けれるものは避け、防御を増やす。

    がんに対する分子栄養学的アプローチに何があるか、 ジャックチャレム氏の…

  6. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(6) 水銀は怖いでござる。毛髪検査

    倦怠感や、疲労感など、根っこに有機水銀が隠れていることがあります。…

PAGE TOP