分子栄養学

副腎疲労が治らない原因

多くの人がやっていないこと

1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考える。

2.根本原因をとらえ、アプローチすること

 ①栄養が悪い

 (1)食事が悪い

  ・副腎疲労の疲弊期は糖質制限をしない

  ・GF、CF

  ・加工食品を控える(良性腸内細菌を殺してしまう)

  ・糖質制限をする時期もある(回復期、カンジダ除菌時)

 (2)サプリメントのセレクトが悪い

  マグネシウム、亜鉛、ビタミンCなど

 ②腸内環境が悪い

 ③重金属

 ④隠れた感染症(カンジダ、マイコプラズマ)

 ⑤隠れた炎症(歯、喉、腸、肝臓)

 ⑥脳 副腎とのネットワーク

(3)治療の順番に留意すること

関連記事

  1. 分子栄養学

    気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチ(調) プロバイオティクス、オメガ3、マグネシウム

    勉強目的: 気管支喘息の分子栄養学的アプローチを学ぶ  方法:文献検索…

  2. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(4)腸の調子を整えるがよし

    目的: 副腎疲労について学ぶ(4)   方法: 宮澤賢史先生の…

  3. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  4. 分子栄養学

    副腎疲労について学ぶ(8)脳のケアを!

    副腎疲労、そろそろ終盤を迎えてきました。今日も続けたいと思います。…

  5. 分子栄養学

    気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチ(調2)

    メモ:   栄養学に精通しているジャックチャレム氏の本による、気管支喘…

  6. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(2)栄養療法医に転医

    前回からの続き。「うつ病」と診断されて、各種SSRIを処方されるも…

PAGE TOP