分子栄養学

副腎疲労が治らない原因

多くの人がやっていないこと

1.副腎症状、脳症状、全身症状を分けて考える。

2.根本原因をとらえ、アプローチすること

 ①栄養が悪い

 (1)食事が悪い

  ・副腎疲労の疲弊期は糖質制限をしない

  ・GF、CF

  ・加工食品を控える(良性腸内細菌を殺してしまう)

  ・糖質制限をする時期もある(回復期、カンジダ除菌時)

 (2)サプリメントのセレクトが悪い

  マグネシウム、亜鉛、ビタミンCなど

 ②腸内環境が悪い

 ③重金属

 ④隠れた感染症(カンジダ、マイコプラズマ)

 ⑤隠れた炎症(歯、喉、腸、肝臓)

 ⑥脳 副腎とのネットワーク

(3)治療の順番に留意すること

関連記事

  1. 分子栄養学

    ケイ素

    7月9日から、ケイ素を試している。 それは偶然の出会いだった。…

  2. 分子栄養学

    アトピー性皮膚炎の分子栄養学的アプローチについて ~炎症と免疫をコントロール~

    メモ:  勉強の目的 今後、気管支喘息に対する分子栄養学的アプローチを…

  3. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(3)栄養療法医に転医2 ガイドラインのわな

    そこでは、血液検査をされました。 一般的な血液検査の読み方だと…

  4. 分子栄養学

    自分が患者になるまで(4)SSRIが効かなかったわけ

    うつ病と診断され、数年間はSSRI、SNRIを手をかえ…

  5. 分子栄養学

    高野英恵さんセミナー(5)便総合検査

    なにかしらお腹に原因を抱えている人に。便総合検査をします。 …

  6. 分子栄養学

    小胞体ストレスの改善(ミトコンドリア機能向上2)

    小胞体は粗面小胞体(タンパク質をつくる工場)と滑面小胞体(倉庫)から成…

PAGE TOP