分子栄養学

  1. 治りづらい時には入り込んでいるかも知れない!?心理的逆転をチェックしよう

    どうも、分子栄養キネシオロジストの篠原です。慢性疲労や、アトピーなど自分としては早く改善させたいと思って、一生懸命努力をしているのに、治療が効かず、一進一退…

  2. うつの原因は脳の炎症のかも(LHジペプチドでミクログリアの活性化を防ごう)

    どうも、篠原です。先日、風邪ひいた後に咳がなかなか良くならなくて、頭がぼーっとした感じ(ブレインフォグ)が取れませんでした。手持ちのミノマイシン(抗…

  3. CBDオイルは喘息に有用

    喘息の根本原因は、空気の通り道である、「気道」に「炎症」が続いていることです。気道の炎症が続くと、ちょっとした刺激によって気道が縮み、咳や呼吸困難を引き起こ…

  4. 喘息では歯の健康、特に歯周病に注意!

    喘息を良くするためには、体質の改善が必要です。現代治療である吸入ステロイドで急場をしのいでいる間に、喘息が悪化しないような体の仕組みを作ることが大事です…

  5. 咳喘息では口呼吸をすぐにやめるべき

    喘息の中で、咳がメインの症状のものを、「咳喘息」といいます。咳喘息の病態は、基本的には喘息と同じで、気道の炎症がおさまらないために起こると考えられていま…

  6. 肥満の喘息症状を良くするためには、ダイエットの工夫が必要

    治療をしていても症状が安定しない喘息のことを、難治性喘息といいます。つらい難治性喘息で悩んでいる方もいらっしゃると思います。その中で太っている方の喘息(…

PAGE TOP