分子栄養学

副腎疲労が治らないときの9つの対策

The following two tabs change content below.

篠原 岳

東京原宿クリニック院長 医学博士・総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医・臨床分子栄養医学研究会指導認定医・キネシオロジスト・宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

副腎疲労で一進一退というかたもいらっしゃるかも知れません。

なかなか、良くなる展望がないと、気持ち的につらいですよね ><

もしくは、栄養療法を行って、改善はしてきたけど、今ひとつ頭打ちという場合もあるかもしれません。

その場合の可能性として、

①栄養療法がまだ途中である
②栄養療法以外にもやることがある

ということがあるかと思います。

どうしても抜け出せない場合、①を継続しながら、②のことも併用して考えても良いのではないでしょうか?

今回は、②を考慮する上で、「病院に見放された末期がん患者さんが、がんを克服した時に行った9つの習慣」から考えたいと思います。

続きは、こちらから

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

腸もれ(リーキーガット)症候群とは前のページ

有害金属による症状とデトックス次のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    喘息の発作を抑えるためにビタミンDは有効

    喘息で治療を受けている人はだんだん増えてきています。治療では、吸入ステ…

  2. キネシオロジー

    低中性脂肪の症状は低血糖症状と似ている

    どうも、篠原です。中性脂肪が健康診断で低いと指摘されて、気に…

  3. 分子栄養学

    CBDオイルは喘息に有用

    喘息の根本原因は、空気の通り道である、「気道」に「炎症」が続いているこ…

  4. キネシオロジー

    治りづらい時には入り込んでいるかも知れない!?心理的逆転をチェックしよう

    どうも、篠原です。なかなか治らない症状をお持ちでないでしょうか。…

  5. 分子栄養学

    あなたの気管支喘息の不調は腸が原因かもしれない

    気管支喘息の治療で悩んでいる方は多いと思います。症状が安定している方…

  6. 分子栄養学

    ブレインフォグとは何か

    どうも、篠原です。ブレインフォグとは、脳の霧という意味です。…

新リリース!

2020年11月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30 
PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。