分子栄養学

コロナに備える腸内環境づくり

The following two tabs change content below.

篠原 岳

東京原宿クリニック院長 医学博士・総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医・臨床分子栄養医学研究会指導認定医・キネシオロジスト・宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

緊急事態宣言から明けたとしても、街中には、やはりコロナがくすぶっていて、ちょっと油断するとまだ広がる、という状況が続いていいますよね。
(><)

では、このまま行政にいうように、ただ単に自粛するしかないのでしょうか?

自分の体をメンテナンスすれば、コロナに備えることができますよね。

そのためには、腸内環境を整えて、免疫力をアップすることが大事です。

今回は、そのお話をいたします。

続きはこちらから

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

低中性脂肪の症状は低血糖症状と似ている前のページ

息が吸えない時の原因と対処法次のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    喘息の発作を抑えるためにビタミンDは有効

    喘息で治療を受けている人はだんだん増えてきています。治療では、吸入ステ…

  2. キネシオロジー

    治りづらい時には入り込んでいるかも知れない!?心理的逆転をチェックしよう

    どうも、篠原です。なかなか治らない症状をお持ちでないでしょうか。…

  3. 分子栄養学

    内臓脂肪をファスティングで改善させる

    どうも、篠原です。内臓脂肪があると、メタボリック症候群と…

  4. 分子栄養学

    うつの原因は脳の炎症かも(LHジペプチドでミクログリアの活性化を防ごう)

    どうも、篠原です。先日、風邪ひいた後に咳がなかなか良くならなくて、頭…

  5. 分子栄養学

    肥満の喘息症状を良くするためには、ダイエットの工夫が必要

    治療をしていても症状が安定しない喘息のことを、難治性喘息といいます。…

  6. キネシオロジー

    低中性脂肪の症状は低血糖症状と似ている

    どうも、篠原です。中性脂肪が健康診断で低いと指摘されて、気に…

新リリース!

2020年5月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。