分子栄養学

腸もれ(リーキーガット)症候群とは

The following two tabs change content below.

篠原 岳

東京原宿クリニック院長 医学博士・総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医・臨床分子栄養医学研究会指導認定医・キネシオロジスト・宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

全身の疲れがとれない、朝が起きられないといった不調を抱えている方の多くは、腸内環境が悪い事が多いです。

かくいう、ぼくも、数年前まで、便通がとても悪く、便通が悪いときには、体の調子がとても悪い、ということを経験していましたので、このことは、とても腑に落ちます。

副腎疲労症候群という言葉がありますけれど、それには、腸内環境というものがとても大切になってきます。

なぜ、腸内環境が大切なのでしょうか?

今回は、腸内環境が及ぼす全身的な影響と、その対処をお話したいと思います。

続きはこちらから

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

副腎疲労のエネルギー泥棒の発見前のページ

副腎疲労が治らないときの9つの対策次のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    副腎疲労が治らないときの9つの対策

    どうも、篠原です。副腎疲労で一進一退というかたもいらっしゃる…

  2. 分子栄養学

    うつの原因は脳の炎症かも(LHジペプチドでミクログリアの活性化を防ごう)

    どうも、篠原です。先日、風邪ひいた後に咳がなかなか良くならなくて、頭…

  3. 分子栄養学

    不安の腸内環境による対処法

    どうも、篠原です。この時代、感染に怯えたり、対面で人と合うの…

  4. キネシオロジー

    副腎疲労のエネルギー泥棒の発見

    どうも、篠原です。副腎疲労を改善させるためには、栄養状態を改…

  5. 分子栄養学

    内臓脂肪をファスティングで改善させる

    どうも、篠原です。内臓脂肪があると、メタボリック症候群と…

  6. 分子栄養学

    コロナに備える腸内環境づくり

    どうも、篠原です。緊急事態宣言から明けたとしても、街中には、…

新リリース!

2020年9月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930 
PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。