分子栄養学

カビ毒の特徴と対策

The following two tabs change content below.

篠原 岳

医学博士 総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医 臨床分子栄養医学研究会 指導認定医 キネシオロジスト 宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

なんか、疲れがとれない、頭が働かない、なんて症状はありませんか?

ぼくは、以前はありました ><

いつも、そのような状況が続いていると辛いですよね。

そのような、慢性疲労や、ブレインフォグのような症状の原因になるものとして、カビ毒があります。

今回は、カビ毒が何かということと、気をつけるべき点をお話したいと思います。

カビ毒とは

カビから出される毒のことをカビ毒といいます。

カビは加熱で死にますが、カビ毒は熱に強いことが多いです。

カビ毒によって、がん、自閉症、疲労、集中力の低下、不眠、頻尿などの、いわゆる不定愁訴をきたします。

なので、なるべく体内に入れない工夫が大事です。

そのため、体内に入る経路を知っておくことが大事です。

カビ毒が体内に入る経路

大きく分けて、食品と環境からくるものの2つがあります。

1.食品からくるもの

カビ毒の汚染された食物から体の中に入ってきます。

具体的には、ナッツ類、穀類、豆類、乾燥果実などなど、カビ毒に汚染された飼料を食べた家畜類の乳、肉類を食べる時には注意が必要です。

2.環境からくるもの

家の中のカビを放おっておくことは、とても危険です。

例えば、お風呂場、押し入れの中、靴や服、空気清浄機、 特にエアコンのカビなどは、原因としてとても多いです。

カビ毒に対策するには

カビ毒は、体に入れないことが大切です。

特に、日本は高温多湿で、カビが生えやすい環境にあります。

一度体内に入ったカビ毒は、脂肪に溶け込み、とても排出しにくくなります。

カビの生えやすい環境をこまに掃除して、カビの生えてそうな食べものを捨てる、ということを意識してみてください。

海外から輸入された小麦は危険

カビ毒については、農林水産省も気をつけよと言ってます。

https://bit.ly/3f8OPBj

その原因となるもので多いのは、小麦です。

海外から輸入された小麦は、赤道を通ってくる間に、カビが生え、カビ自体は調理でなくなっても、カビ毒はそのまま口に入ることになります。

また、小麦が飼料となって家畜にカビ毒が入ることになります。

どうしても、口に入りやすい状況になっているわけです。

小麦はとても原価率が安いために、食産業の要になっているというところもありますね。

カビ毒の種類

多数の種類がありますが、ここでは、アフラトキシンとオクラトキシンの紹介をします。

アフラトキシンは、果物、小麦に含まれていて、発がん性があり、ドーパミンレベルを下げて、パーキンソンに関連します。

オクラトキシンはとても多いです。

穀物、ぶどう、ワインなどに入っていて、やはり癌と関連し、神経疾患の原因となりえます。

オクラトキシンの除去でパフォーマンスが上がる人が多いようです。

以上のことから考えると、頭が働かなくて困っている方、実はカビ毒が原因かも知れませんね。

カビ毒と認知症

なかなかなりたくない病気の一つに、認知症があります。

アルツハイマー病 真実と終焉という本では

従来なかなか手が出せなかった認知症を、栄養などを見直すことで改善できることを示した画期的な本です。

その本では、アルツハイマー病を4つに分類しています。

1型:炎症性
2型:萎縮性
3型:毒物性
1.5型:糖毒性

です。

各型についての詳細は本書に譲るとしまして、カビ毒と関連があるのが3型です。

3型の毒物性が原因である特徴は、比較的若い歳(40代後半くらいから)で、大きなストレスに続いて、算数が不得意になるという性質があります。

このタイプの認知症は、銅や水銀などの有害金属、カビ毒が侵入して、アミロイドが増えてしまうという特徴があります。

つまり、有害金属やカビ毒の侵入を防ぎ、取り除くことが大事になってくるわけです。

認知症を予防するためにも、これらの侵入を防ぐことが大事です。

まとめ

カビ毒は、知らずに体内に侵入して、慢性疲労やブレインフォグなどの不定愁訴をきたしやすい。

日本は高温多湿であるため、環境的にも、体へ侵入しやすい。

また、カビ毒が多い食品も避けるべきである。

最後に(免責)

本記事の内容は、医学的治療に置き換わるものではありません。個人的にお試しになり健康被害が生じても、当院では一切責任を負えませんのでご了承下さい。

病態の改善に必要な食事・サプリメントはひとりひとり異なります。

基本的に、主治医と相談しながら治療を進めていただければと思います。

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

有害金属による症状とデトックス前のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    喘息では歯の健康、特に歯周病に注意!

    喘息を良くするためには、体質の改善が必要です。現代治療である吸入ステ…

  2. 分子栄養学

    あなたの気管支喘息の不調は腸が原因かもしれない

    気管支喘息の治療で悩んでいる方は多いと思います。症状が安定している方…

  3. 分子栄養学

    コロナ第2波に備える腸内環境づくり

    どうも、篠原です。緊急事態宣言から明けたとしても、街中には、…

  4. 分子栄養学

    肥満の喘息症状を良くするためには、ダイエットの工夫が必要

    治療をしていても症状が安定しない喘息のことを、難治性喘息といいます。…

  5. 分子栄養学

    腸の弱い人へ。腸活の間違いとは?

    どうも篠原です。お腹が張ってしまったり、下痢や便秘で苦しいと…

  6. キネシオロジー

    低中性脂肪の症状と原因

    どうも、篠原です。食事療法などの栄養療法を行っていても、なか…

セミナー情報

なんとなく疲れている、体調不良の方はいらっしゃいませんか?

血液検査から疲労を読み解くセミナーを企画しました。

セミナー

新リリース!

2021年2月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728

自宅でも分子栄養学が学べる!

PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。