キネシオロジー

治りづらい時には入り込んでいるかも知れない!?心理的逆転をチェックしよう

The following two tabs change content below.

篠原 岳

東京原宿クリニック院長 医学博士・総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医・臨床分子栄養医学研究会指導認定医・キネシオロジスト・宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

なかなか治らない症状をお持ちでないでしょうか。

いろんな治療や、カウンセリングを試しているんだけれど、ほとんど症状が改善しないなんてことありませんか?

そんなときには、自分の潜在意識が改善することに抵抗していることがあるんです。

なかなか、そんなこと信じられないと思いますが、まず、そのようなことがある、という点に立つことで、改善の兆しがみえることがあります。

今回は、そのような、潜在意識が反対している=心理的逆転について、お話したいと思います。

続きは、こちらから

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

うつの原因は脳の炎症かも(LHジペプチドでミクログリアの活性化を防ごう)前のページ

内臓脂肪と炎症が関係?(ファスティング実践記録)次のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    腸もれ(リーキーガット)症候群とは

    どうも、篠原です。全身の疲れがとれない、朝が起きられないとい…

  2. 分子栄養学

    あなたの気管支喘息の不調は腸が原因かもしれない

    気管支喘息の治療で悩んでいる方は多いと思います。症状が安定している方…

  3. 分子栄養学

    副腎疲労が治らないときの9つの対策

    どうも、篠原です。副腎疲労で一進一退というかたもいらっしゃる…

  4. キネシオロジー

    低中性脂肪の症状は低血糖症状と似ている

    どうも、篠原です。中性脂肪が健康診断で低いと指摘されて、気に…

  5. キネシオロジー

    副腎疲労のエネルギー泥棒の発見

    どうも、篠原です。副腎疲労を改善させるためには、栄養状態を改…

  6. 分子栄養学

    喘息の発作を抑えるためにビタミンDは有効

    喘息で治療を受けている人はだんだん増えてきています。治療では、吸入ステ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 8月 29日
  2. 2021年 10月 09日

新リリース!

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031 
PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。