分子栄養学

活性酸素を減らしてエネルギーを作る

The following two tabs change content below.

篠原 岳

東京原宿クリニック院長 医学博士・総合内科専門医・呼吸器内科指導医・アレルギー専門医・臨床分子栄養医学研究会指導認定医・キネシオロジスト・宮澤医院栄養外来担当 さまざまな不調を、分子栄養学と現代医療とキネシオロジーを合わせて改善させようとしている。 詳しいプロフィールはこちら

どうも、篠原です。

疲れやすいということはどういうことでしょうか。

一つには、細胞の中のミトコンドリアがうまくエネルギーが作られていないということです。

ミトコンドリアのエネルギーを作るのを邪魔する一つが、活性酸素です。

活性酸素という言葉はもしかしたら、よく聞くかもしれません。

今回は、どのようにして活性酸素をコントロールして、ミトコンドリアがエネルギーを作れるようになるかをお話したいと思います。

続きは、こちらから。

無料レポート新リリースしましたのでお受け取りください!

副腎疲労と心のストレス前のページ

不安の腸内環境による対処法次のページ

関連記事

  1. 分子栄養学

    うつの原因は脳の炎症かも(LHジペプチドでミクログリアの活性化を防ごう)

    どうも、篠原です。先日、風邪ひいた後に咳がなかなか良くならなくて、頭…

  2. 分子栄養学

    腸の弱い人へ。腸活の間違いとは?

    どうも篠原です。腸内環境を改善させることが、とても大事という…

  3. 分子栄養学

    CBDオイルは喘息に有用

    喘息の根本原因は、空気の通り道である、「気道」に「炎症」が続いているこ…

  4. 分子栄養学

    咳喘息では口呼吸をすぐにやめるべき

    咳喘息とは、咳の症状がメインのものを言います。一般的に、…

  5. 分子栄養学

    コロナに備える腸内環境づくり

    どうも、篠原です。緊急事態宣言から明けたとしても、街中には、…

  6. キネシオロジー

    副腎疲労のエネルギー泥棒の発見

    どうも、篠原です。副腎疲労を改善させるためには、栄養状態を改…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 7月 23日
  2. 2021年 9月 11日

新リリース!

2021年7月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
PAGE TOP

ブログの更新通知を受け取る

体質改善.lab ブログが更新すると、健康に関する最新情報をお届けします。